So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒノギャラリーの新装オープン [日記]

w01.jpg

hinoギャラリーが、移転して、1年ぶりにオープンしました。

中上清氏の個展です。

nakagami.jpg

中上清氏は、私のふるい友人で、
1972年のデビューが一緒で、
その時の美術手帖の展覧会批評欄にも、一緒に載っています。

このオープニングに行って、
2次会にも出ました。

作品論で言えば、中上清氏の作品は《想像界》だけの作品で、
固体美術で、《第6次元 自然領域》のものです。
最近の作品は、芸術的には《世間体のアート》だけになっています。
そういう意味では芸術的には評価はしません。

しかし中上清氏は、職業美術家として、アルバイトも拒否して、
美術制作だけで押し通して来た、私の数少ない友人なのです。

技法は工芸的で、そういう意味でも商品性はあって、
パリにも上陸していて個展を開いていますし、
鎌倉近代美術館でも回顧展を開いています。
その頑張りは驚異的で、根性の有る人物です。

そして《世間体のアート》というものの本質を考える上でも、
興味深い作家であります。

オープニングには1970年代の古い美術界の多くが集まり、
まるで同窓会のようであり、
そしてまたタイムスリップのようでありました。

厳しい時代ですが、
hinoギャラリーには、頑張ってもらって、
1970年代美術の最後の砦として機能してもらえればと思います。
オーナーの山本孝さんには、息子さんも娘さんもいて、
画廊経営に参加しているので、
生き残るエネルギーはあると思います。

さて、2次会の居酒屋でのスナップ写真です。

中上.jpg
左が中上清氏 正面に須賀昭初氏、となりが芝章文氏

多和.jpg
左が 鉄彫刻の多和圭三氏

山本.jpg
hinoギャラリー オーナーの山本孝氏

松下.jpg
左の黄緑の方が楠本正明氏、正面が松下和歌子と栃原比比奈氏

林.jpg
右が、森美術館の林牧人氏

藍子.jpg
山本藍子氏と日本画家・内田あぐり氏

藤枝.jpg
左が美術評論家・藤枝晃雄氏、山本孝、ネオダダの田中信太郎氏

高見沢.jpg
左が内田あぐり氏、美術家の高見沢文雄氏、美術評論家の峯村敏明氏

谷2.jpg
左が宇都宮美術館館長の谷新氏、山本藍子氏

谷.jpg
正面奥が国立近代美術館の松本透氏


ここには写真で写っていない方々もたくさんいて、
久しぶりに多くの旧知の方々にお会いしました。




nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2015-01-09 01:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。