So-net無料ブログ作成
検索選択

第32回「ラカンと美術読書会」のご案内 [告知]


皆様

ラカンと美術読書会連絡係りの加藤 力と申します。

ご案内させていただきます

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第32回「ラカンと美術読書会」のご案内


日時4月30日(金)18時30分 〜 2時間程度

場所 立教大学(池袋) 6号館 6106研究室


前回まで水曜日に行われておりましたが

今回より金曜日となります。

お間違えの無いようにご注意下さい。

宜しくお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「ラカンと美術読書会」とは下記の2人が共催する読書会です。


彦坂尚嘉(日本ラカン協会幹事、立教大学大学院特任教授、日本建築学会会員、


美術家)

武田友孝(元・東京スタデオ、インデペンデント・キュレーター)


ラカン『無意識の形成物〈上〉』と、

月代わりで選出される美術本の読書会です。


2007年8月より月一回のペースで開かれています。

ごくごく初歩的な読書会で何方でも参加できます。

どうぞお気軽にご参加下さい。


テキスト

     ◎ラカンは『無意識の形成物〈上〉』 (岩波書店)

     ●美術は 高橋英之著『コンピュターの中の人類』(御茶の水書房、1990

年)


  参加費 無料(コピー代のみ実費で頂きたくお願いいたします)

     テキストは特に準備なさらなくても、こちらでコピーを用意いたします。


※ 研究会終了後、懇親会を予定しております。

 お時間に余裕のある方は、こちらの方にもご参加ください。

 なお、懇親会は、持ち寄りパーティー形式で行いたいと思いますので、

 希望者の方は、あらかじめアルコールとつまみを

 適当に用意して来て頂ければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

立教大学への一番楽な道


池袋駅西口方面へ

西口の階段は登らずに、

地下商店街の通路を歩きC3出口から立教通りへ

駅から歩いて行くと、左手に立教大学の正面のツタの生えたたてものの

正門が見えます。

右手にも、立教大学の門があります。

それを通り過ぎて、最初の小さな道を右に曲がると、

左手に6号館の建物の門があります。

建物に入ると守衛の部屋があるので彦坂の所に行くと言って下さい。

研究室は6号館の6106です。


分からなければ、彦坂の携帯に電話して下さい。

090-1040-1445

研究室の電話

03-3985-6106


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しい行き方は以下よりお願いします

立教大学のサイト

http://www.rikkyo.ac.jp/

一番上のバーに交通アクセスがあります。


ページ中程に池袋キャンバスへの道順が、あります。

http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html


キャンバスマップがあります。

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/index.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

申込・問合せ先:加藤 力(美術家、臨床美術士)

           E-mailsp5g7d99@axel.ocn.ne.jp          

 

                                      FAX:0467-48-5667


nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。