So-net無料ブログ作成
音楽から考える美術論 ブログトップ

フジ子・ヘミング(加筆2) [音楽から考える美術論]

彦坂尚嘉責任による芸術分析

《想像界》の眼で《第8次元 信仰領域》のデザイン的エンターテイメント
《象徴界》の眼で《第8次元 信仰領域》のデザイン的エンターテイメント
《現実界》の眼で《第8次元 信仰領域》のデザイン的エンターテイメント

《想像界》だけの表現
プラズマ状態だけの表現

《気晴らしアート》
《ローアート》

シニフィエ(記号内容)の表現
原始脳の表現
《原始音楽》『ペンキ絵的音楽』【B級音楽】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》が無い。
《世間体のアート》だけがある。


0201.jpg

 

フジ子・ヘミングは、1932年生まれのピアニストです。

父親はロシア系スウェーデン人の画家・建築家の

ジョスタ・ジョルジ・ヘミング。

母親は、日本人ピアニストの大月投網子。

フジ子・ヘミングは、耳に障害をもっているピアニストです。

フジ子・ヘミングの演奏については、批判もすでにたくさんされていて、

そのミスタッチの多い演奏は、問題をもっているのです。

そのことを私が繰り返す興味が無いのですが、

ひとつ面白いと思うのは、そういうミスタッチだらけの演奏でも

成立する《世間体のアート》という基盤の面白さであります。

《世間体のアート》というのは、非常に強烈だと言えます。

そこにはNHKのあいかわらずのお涙物語が好きという趣味が働いていて、

NHKの番組が人気の火をつけたのでした。


もうひとつは、このミスタッチに関連して、

この音楽が、プラズマ化した表現であるということです。

耳に問題があって、今は少し回復したとも言われますが、

聴覚障害者の演奏であるという欠如感と、ミスタッチのひどさが、

音楽そのものを、ある種の脱構築状態に改変しているのです。


フジコヘミングの音楽がひどいにも関わらず、

多くの人を魅了しているのは、

プラズマ化と無縁では無いだろうと思います。


0201.jpg

彼女の顔を見ても、プラズマ化は起きています。
眼の強さは、面白いと思います。
でなければ聴覚障害者が、ピアノを弾く事はできないでしょう。
ほとんどか、あるいは少し聴こえる程度で、
振動だけを頼りにピアノを弾くプロの演奏家をやって、
成功するのですから、普通ではありません。
どこか、壊れているのです。

 


さて、画家の娘ということもあって、

フジ子ヘミングは、絵も描きます。

fuji-0001.jpg

fuji-0002.jpg

fuji-0009-1.jpg



fuji-0016.jpg

fuji-0017.jpg

fuji-0018.jpg

fuji-0053.jpg

絵の方は、プラズマ化は起きていなくて、
普通の《第6次元 自然領域》の《想像界》だけのイラストで、
デザイン的エンターテイメントに過ぎない凡庸なものです。

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マイケル・ジャクソンの音楽 [音楽から考える美術論]


◆◆1◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

マイケル・ジャクソンの顔の分析は、
以前にブログで書きました。

その時は、マイケルジャクソンの音楽については、
一切触れなかったのですが、
それは異常なものを、私が感じていて、
安易な形では、書き得なかったからです。

◆◆2◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

レコードで2枚くらいしか聴いていないので、
一つは、書きにくいということがありますが、
音楽としては《第8次元》のもので、
ガラスの砕ける音に驚きがあり、
極めてマイナー音楽で、異様な破壊欲望を感じたのです。

ですから、下記に引用する様な感想とは、
ずいぶんと違うイメージを持っていました。

彼の音楽性そのものは、とても素晴らしいものだと思う。楽曲のクオリティや、楽曲に込めたメッセージは、マイケル・ジャクソン独自のものだった。彼に音楽に対する妥協はずっと無かっただろう。

『スリラー』でスターになったことは確かだけど、ジャクソン・ファイヴ時代から持っていた音楽の天性や、
やはり、楽曲に対するクオリティの追求が、彼を<キング・オブ・ポップ>としたと思う。

さて、私は今回のマイケル・ジャクソン追悼番組を、たまたま見ていて、
歌詞の内容が、父親から受けた虐待に対する反撃のもので、
憎悪に満ちていることを発見して、驚かされました。

BADというビックヒットした曲ですが、
自分自身をバットに居直らせる内容も、虐待された子供が自分を悪と感じる、
そういう一般的な心理傾向のもので、
あまりにマイケル・ジャクソンの私的な体験に根ざした、
極めて個人的な歌である事の異様さに打たれたのです。

【続きはここをクリックして下さい】


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
音楽から考える美術論 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。