So-net無料ブログ作成
ファッション ブログトップ

ピンクハウス(訂正改題/誤植の訂正1) [ファッション]


140812000371-1.jpg

140909001568-1.jpg

c0104209_20103181.jpg

14887699.jpg

091001001518-1.jpg

ピクチャ 11.jpg
ピクチャ 13.jpg

ピクチャ 8.jpg

ピクチャ 6.jpg

ピンクハウスのデザイン 

彦坂尚嘉責任による芸術分析

《想像界》の眼で《第21〜30次元 愛欲領域》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第21〜30次元 愛欲領域》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第21〜30次元 愛欲領域》の《真性の芸術》

《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ表現
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現

《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアン(記号表現)とシニフィエ(記号内容)の同時表示
理性脳と原始脳の同時表示

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》
《世間体のアート》の全てがある。


ファッションでありながら、デザイン的エンターテイメントではなくて、

《真性の芸術》になっていることに驚きました。

しかもプラズマファッションで、サントームまであるのです。

芸術業界よりも、現実の方が凄いという

見本のようなファッションの世界です。

 

つまりこのファッションは、古いのではなくて新しかったのです。

コテコテの過剰性の美学は、ロックのMUSEを超えます。

鑑賞構造としては《愛玩》です。

ピンクハウスがブランドとして始まるのは1973年ですが、

非常にはやいポストモダンと言えます。

このファッションは古くなったのではなくて、

現在も定番化して続いています。

これはこれで1000年続きます。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
ファッション ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。