So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

岸田秀の顔 [顔]


haha2.gif

松永氏から、下記のようなコメントをいただきました。

興味深く拝見しました。ところで、アルベルト・フジモリのストラスブール時代からの友人で、その著書の和訳を行い、フジモリ擁護論を述べている岸田秀の顔はどういう分析になるのか、興味があります。 
by 松永洋介 (2010-01-10 01:42)  


岸田秀が、フジモリの本を翻訳しているとは、知りませんでした。

大統領への道 (単行本)

アルベルト・フジモリ (著), 岸田秀 (翻訳) 

51GHVYK36DL._SL500_AA240_.jpg

新しい歴史教科書をつくる会の賛同者として、産経新聞にコメントを
寄せたことがある。」というのも、知りませんでした。

私自身は、岸田秀の本を、かなりの数読んでいます。
下記のようです。


  • 『ものぐさ精神分析』(青土社、1978年)
  • 『二番煎じ ものぐさ精神分析』(青土社、1979年)
  • 『出がらし ものぐさ精神分析』(青土社、1980年)
  • 『嫉妬の時代 飛鳥新社 1987 のち文春文庫
  • 『ふき寄せ雑文集』(文藝春秋、1989年)のち文庫
  • 『フロイドを読む』(青土社、1991年)のち河出文庫
  • 『ものぐさ箸やすめ』(文藝春秋、1993年)のち文庫
  • 『二十世紀を精神分析する』(文藝春秋、1996年)のち文庫

■伊丹十三との対談『哺育器の中の大人 精神分析講義』(朝日出版社、レクチャーブックス 1978年)

これだけ読んでいるというのは、まず、エンターテイメントとして
面白かったからです。売文としてすぐれていたのです。
岸田秀の唯幻論や、「人間は本能の壊れた動物である」という主張を、無批判に信じているというつもりは私にはありませんが、岸田秀の母親との葛藤に対しては、共感があったのは事実です。

さて、岸田秀の顔の分析です。

124539546287516323994_zDSC02253.jpg
kishida_2006_01_4.jpg

stt0809060758004-n1.jpg

彦坂尚嘉責任による岸田秀氏の顔の、
《言語判定法》による分析

《想像界》の眼で《第8次元 信仰領域》のデザイン的人格
《象徴界》の眼で《第8次元 信仰領域》のデザイン的人格
《現実界》の眼で《第8次元 信仰領域》のデザイン的人格

《現実界》だけの人格。《想像界》《象徴界》が無い人格。
液体だけの人格=近代人

《気晴らしアート的人格》
《ローアート的人格》

シニフィエ(記号内容)的人格

『真実の人』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《原人格》が無い。
《人格》《反人格》が有る。
《無人格》《非人格》《世間体の人格》が無い。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《第8次元 信仰領域》の人物であると言うのは、
何しろ唯幻論を主張する人ですから、予想の内でした。
しかしその人格に、《真性の人格》が無くて、
デザイン的エンターテイメントだけであったのには、驚きました。
だから、あれだけ文章がエンターテイメントであったのですね。

もうひとつ驚いたのは、
《現実界》だけの人格であるという事でした。

唯幻論を主張する人が、《想像界》の人ではなくて、
《現実界》だけの人格であるというところに、
岸田秀という人の魔術があったと言うべきなのです。

つまり《想像界》だけの人格の人には、
自分が《想像界》だけに生きている幻想的存在であると、
対象化して言う事ができないからです。

岸田秀の唯幻論は、
つまり《現実界》から人間を見て対象化しているのであって、
つまり人間の《想像界》《象徴界》の2つを一緒にして幻想として
語っていると言う、混同化による解釈の単純化があったのだと言えます。

人間的にはシリアスな人ではなくて、
《気晴らし人間》であります。
そして《ハイアート》的人間ではなくて、
《ローアート》的な人間である事で、大衆的な人気を獲得したのです。

もうひとつ重要なのは、シニフィエ(記号内容)的な人格である
ということです。つまり岸田秀の唯幻論は、人間のシニフィエ連鎖という、
つまり脳内リアリティだけの世界を元に主張されていて、
人間文化をシニフィアン連鎖でとらえるラカン的な面は持ち
得ない人格であると言う事です。

その辺もあってか《原人格》の無い人です。
同時に《世間体の人格》も無い人で、その2重的な欠如が、
岸田秀の唯幻論の浅薄さと、
社会常識を否定する「価値の紊乱(びんらん)」性を持ちえた秘密が
あると言えます。



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 4

北村

岸田秀は私の母校の丸亀高校の先輩です。一度興味があり調べたところ フランスでの大学の学歴詐称だとかセクハラが問題になっておりましたから興味を失ってしまいました。顔写真がなぜか出てこなかったので初めて拝見いたしました。
詐称というのがやはりしっくりくる顔かなあと
by 北村 (2010-01-12 05:48) 

ヒコ

北村様
コメントありがとうございます。
岸田秀氏を育てた母親が実の母でないことによる苦しみは、本当の事だと思います。日本の敗戦による、海の上に漂うたくさんの屍の夢にうなされたりする気持ちも、私は本当の事だと思います。私の《言語判定法》でも「真実の人」であることは出ています。「詐欺」とは思いませんが、しかし唯幻論とか、人間の本能が壊れていると言う理論は分かりやすいですが、物事を単純化した理論であるようには思います。
by ヒコ (2010-01-12 09:29) 

北村

彦坂様 返信をありがとうございます。
岸田氏について無知でありました。
一度読んでみたいと思います。
by 北村 (2010-01-12 10:51) 

Buy cialis

沒有醫生的處方
we use it cialis online store http://cialisvonline.com/ Tadalafil 20 mg
by Buy cialis (2018-04-15 04:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。