So-net無料ブログ作成

大衆普遍主義 [アート論]

糸崎公朗さんへのご返事です。

糸崎さんの思考の中には、
オルテガが言った大衆と言うか、
大衆普遍主義とも言うべきものがあって、
考えさせられます。


ずいぶん時間が経ってしまいましたが返信です。


>糸崎公朗さんの、リカちゃん人形には、
>デシャンの作品に触発され、反発しつつ、にもかかわらず模倣し、
>なぞりつつ解体し、 伝統的な野蛮文化のボキャブラリーの中に還元し、
>あざ笑うことに表現を見いだしていくという、
>複雑な摂取と解体の 流れである「バサラ」を感じます。

ぼくとしては、デュシャン作品をあざ笑っているつもりはないのです。
「あざ笑う」というと、呉智英が「サヨク」とカタカナ表記して揶揄した「大衆化した左翼思想」を想起させますが、それは彦坂さんのおっしゃる「バサラ」なのかも知れません。
しかしぼく自身は、それとは違うつもりでいるのです。

違うつもりでいらっしゃるというのも、感じられる事は
感じます。
なぜに、糸崎公朗さんや、辻 惟雄さんがひかれるのだろうか?
と考えていった時に、
ある種の共通性があるからではないかと考えます。

すでに指摘しましたが、
デュシャンを考えるのなら、聖地であるフィラデルフィア美術館に行く
しかないのですね。これには代用品がないのです。
しかし、たぶん『奇想の系譜』を書いた辻 惟雄さんも、
行っていないのではないでしょうか。

糸崎さんにしても、一生フィラデルフィア美術館には
デュシャンを見には
行かないのだろうと、かってに思っています。

それは糸崎さんにしても、辻さんにしても、
大衆普遍主義とも言うべき感覚があって、
認識のために必要な手続きをとらなくても良いという、
そういう普遍主義をもっておられるように思えるからです。

それはしかし、ご本人の気持ちや、具体性で申しあげている
のではなくて、
ある種の偏見で申しあげているだけで、
正当性のあるものではありません。

言いたいのは、たとえば藤枝 晃雄氏に、私が共感するのは、
まず、デュシャンにあこがれてアメリカに渡って、
そして失望しておられる事です。
デュシャンを見るという事は、こういう事なのです。
だからフィラデルフィア美術館という聖地に行かなければ
分からない事があるのです。

>私 自身は、こういう「バサラ」の系譜作品を多く見て来ているので、
>正 直に言って、「またか」と思ったのです。
>つまり、外国の高度な作品を、摸倣しつつおとしめて、
>低 俗な自分たちの文化に基礎づけて行く系譜なのです。

「またか」と言われると、少なくともモダンアートとしてはお終いなので、ここでぼくは反論しなくてはなりません・・・

・・・という具合に書きかけて、この調子で書いても結局は対話は双方かみ合わず、空転してしまうだろうなと思い、いろいろ考えてました。
それでたまたま読んでいた『ブッダのことば スッタニパータ』(岩波文庫)に、「論争は良くない」というようなことが書かれてまして(第四、八つの詩句の章)、少なくとも「論争しないで対話を成立する必要がある」と気づいたのです。
つまり、ぼくがこの場で彦坂さんに反論し、つまり「論争」を仕掛けてしまっては「対話」が成立しないわけです。

おっしゃっていることは、分かります。
単なる論争で、お互いの正当化を主張しても、意味は無いでしょう。
前に西尾康之の絵について論争をしましたが、
私自身は、今も西尾康之の絵画は『ペンキ絵』であると思っています。
問題なのは、彼の作品を良いと考える糸崎さん的な絵画志向が、
大衆普遍主義とも言うべき、地平を持っている事です。

《大衆普遍主義》、あるいは《凡庸普遍主義》とも言うべき
感覚や確信が、日本中を浸しているのです。
だから日本は沈没するのです。
いっそのこと、世界最大の財政破綻を起こして、
この凡庸普遍主義の責任を、大衆自らが取る事態に成った方が
良いのかもしれません。
これは、彦坂さんが前回の記事の返信で書かれた「分かる」と「反省」の違いとも関連するかもしれません。
つまり論争とは、双方が自分が「分かる」ことばで語る(考える)と言うことで、それはつまり「自分の正しさ」に固執すると言うことです。
これに対し「自分の正しさ」に固執しなければ、それは「外部(他者)」に開かれると言うことで、だから「反省」という態度になるのかもしれません。
彦坂さんとの「対話」においては、ぼくは彦坂さんのおっしゃる「芸術」や「ハイアート」の意味が分からないのですから、その点を「反省」しなければいけません。
「バサラ」という指摘に対して、その対概念となる「ハイアート」を理解しないまま「自分の分かることば」で反論しても、議論は空転するだけでしょう。

ぼくとしてはまず、自分のアートについて「彦坂さんのことば」で語っていただいたことに感謝しなければいけません。
ぼくはどうも「自分の正しさ」に固執する傾向がありましたので、そうなると自分のアートについて「自分のことば」のみで語る(考える)ことになります。
しかし最近は反省し、積極的に「外部」(と認識していた人たち)とコンタクトするようになり、それで彦坂さんをはじめ、いろんなアーティストや写真家から話を聞くように心がけてます。
ただ、他人の話を聞いたり対話したりすることは案外難しく、いろいろ試してる最中なのです。

>しかし《ローアート》で良いの ではないかと思います。

「スッタニパータ」には「自己に執着するな」というように書かれてますが、それは必ずしも自己否定を意味しないので、その意味でぼくも自分の「ローアート」であることの利点は否定はしません。
しかしたとえば、

>昨年11月最初に本島で催した展覧会「復元フォトモ糸崎公朗展 と蔵元秀彦展での
>本島の観客の反応を見て 頭を抱えた時のことを思い出す。
>本島のお年寄りから現代アートは難しいといわれるのは まあいいとして
>糸崎さんのフォトモについて、ほとんどの人がこれはいいと直接の反応を示した。
>その反応を期待して、選んだことだが、苦さを感じた。
>見え透いていて自分に吐き気がした。
http://setouchia8.ashita-sanuki.jp/d2010-03.html

という意見もあることもまた「客観的事実」として認識しなければならないわけです。
アルテさんには期待に添えず契約解除となった経緯がありますが、それだけにこのブログには正直な気持ちがあらわれて、貴重でありがたいものです。

>これは余計な話です。
>《ハイアート》の視点で言うと、
>糸崎公朗さんの作品を金属板で制作したくなります。
>現在の紙ですと楽ですが、しかし《ハイアート》と は言えません。
>金属で作るのです。
>しかし、実際にはたいへんです。

これは具体的なアドバイスで、ありがとうございました。
現在は水圧で金属をカットする技術もあるようなので、不可能ではないはずです。 
by 糸崎 (2010-03-26 10:55)  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。